Home > 西角 ブログ

6月22日。

京都も梅雨入りしましたね。暑く天気の良い日が続いてましたが、農作物はじめいろんなことに暦通りの天候で、と思うわけで。しばらく雨模様が続きそうです。

というわけで夏野菜のすこぶる美味しい季節です。トマトにきゅうり、賀茂茄子、とうもろこしに万願寺甘唐、一回り小さいのが鷹峯とうがらし。他に枝豆やダツ、冬瓜などなど。鷹峯はじめ上賀茂、舞鶴、静岡などからよりすぐりを仕入れます。冷たくあっさり、炊いて葛を引いて、天ぷらにして、焼いて。。。あぁ美味し。「適度な運動に加えて、野菜を多く摂るようにしましょう、ねっ」。て言われてるお父さん!お野菜を!て、自分のことか…😂🤣😁わかってますよー、っだ!

6月20日。

明日は夏至。7時とかでもまだ明るいもんね。夏やね。

先日、貴船の大人のオープンエアで避暑、みたいなこと投函し、トップシーズンでは何十年かぶりにフラっと歩いてきました。まぁそんなん当たり前やろ、って言われますが、何十年も前の情緒ある貴船はすっかり変わってしまい大勢の人が押し寄せる観光地となってました。一部ですが川床はカフェと化しスイーツで。何度も言いますがそれでええんで、時代の流れであると思います。敷居が低くなりお若い方や海外の方々も山あいを流れる清流にでた床で過ごす心地よい時を感じていただければ。浴衣で行ってたらと下手すりゃ中国語のメニューが出てきそう。(笑)昔われわれの年代の過ごしたこの上なく静かで聞こえてくるのは川の流れる音、足をつけると飛び上がるほど冷たく、片隅にその流れでスイカとか冷やしてあって寒いくらいの涼しさを感じた情緒ある貴船はとっくに昔話、僕の頭が事代錯誤してたようでした。錦だってそやもんね。観光都市京都で経済も成り立ってるんやしそれでええとは思いますが、一昔前の京都はなくなってきたのかな、正直、淋しさもなくはないかな。

6月17日。

どこのお店の何か、画像見ただけでもわかるくらい有名になっちゃってますね。「リストランテのろ」さんのメンチカツ。久しぶりにいただきましたがやっぱりあっさり、コテコテしてない。ごはんやパンなしでもええ感じ。「何言うてんねん、この手のソースは濃い目が美味しいねん」て方々も。この辺は意見が分かれるところかと。

ご主人は長いカウンターのほぼ中央辺りに立たれお仕事されてます。印象的やったのは手を動かされてる途中でも若い子にまかせ予約の電話なりを全部自分でとってられたこと。電話対応は大切ですしね。特に初めて寄せて頂くお店は情報の有無があるなしに関わらず様子が見えない。電話のお相手だけのファーストインプレッションのみ。ぼくの場合、ここで印象悪いとその後全てに「?」がついてしまいますし、反対に印象がいいと全てプラスよりになります。もちろんすべてにいい感じでした。お店はお味、お値段も当然ありますが、ぼくにとっては「人とサービス」、すっごいポイント高し、です。

6月14日。その2.

先日、大切な友人が逝きました。不治の病、長い闘病生活、奇跡の起きることの望み叶わず、でした。始終声を荒げることなく穏やかで温かく周りのみんなから愛される人でした。しょっちゅう連絡しあうような感じではありませんでしたが、連絡すればすぐにご飯食べの予定なんて決まるような感じで、もう1週間も過ぎようとしてますが、まだ引きずってます。歳がおないていうジャブも効いてます。ご冥福お祈りいたします、なんて言葉では片付けられない思いです。

お葬式から帰って黒い服をハンガーに掛け。思えば黒い服の出番はネクタイの色は違えど先輩方の結婚式に始まり、同級生の結婚、その後そのご家族のお葬式、そして自分の両親を送り、、、いよいよ同い歳のお葬式までになったかと。。。

申し訳ないですが、まだまだ元気一杯でがんばらしてもらいます。まだまだ楽しいことして笑います。まだまだいっぱい美味しいもん食べます。ずっとずっと先にそっち行った時、美味しいもん話できるよう仕込んどきます。ほなね。

6月14日。

暑おす。猛暑日どす。梅雨もまだどんねぇ。どないなりますんやろ。。。こういう日のごはんは、鱧落としに鮎塩焼き、ずいきのたいたん葛引いてほっこり、〆はすだちそばでどないですやろ。あっさりとよろしおす。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

6月10日。

天気のええ日はお外ごはん。暑なる前の今だけ。賀茂川とか御所とか自然のオープンエアもいいけど、やっぱりええ歳こくとパラソルもほしいしトンビはかなんし。てことでお手軽おそと、ノーガホテルのルーフトップ。一階でパンとコーヒ買うてそのままエレベーターで。周りに遮るもんはないし、風は心地ええし。もちろんパンも美味しいし。普段の喧騒を忘れてのんびりできるので好き。オープンエア、もうちょっと季節が進むと貴船の川床かな。もう小さい時に連れてもろた記憶しかないし久しぶりに行きたいなぁ。大人オープンエア、もちろん浴衣で。

6月8日。

久しぶりのイタリアン・モーニング🤣🤣🤣以前イタリア人は朝に甘いパンとカプチーノを食すと伺ったことがあり。。。中にクリームたっぷりのパンとカプチーノ。さらに生クリーム添え。(笑)前通ったらいつもお客様で賑わってるので気になってた「To.  」さん。モーニングからの営業。美味しい美味しい。。。あかんあかん、1個だけにしとかんと。デブまっしぐらやん。😁🐷😁🐷😁🐷       フィレンツェの大将、朝パンはこんなんでどないどす?まだ青いか。

6月5日。

イマニシ少年が中学生の時、生まれて初めて行ったロックコンサートが「サディスティック・ミカバンド」でした。京都会館第1ホール、たしか英国ツアー凱旋コンサートとかやったと思う。洒落たヨーロピアンスーツに身を包んだ細身で背の高いステージ映えするアーティストこそ、トノバン加藤和彦その人でした。今思うと凄いメンバーのステージパフォーマンス観たんやなと逆にときめいたりします。その不世出で至高の天才を掘り下げる興味津々のストーリー。良かったです。ヨーロッパ三部作はいまだよく聴くしパパヘミングウェイなんて鼻歌交じり。色々語りたいけどネタバレになるのでこのへんで。頭の中では「あの素晴らしい愛をもう一度」がリフレインしてます。感動。もう一度ステージが観たいアーティスト、さてさて、タイムマシンにお願いしなくては!   追記。水曜のお昼の京都シネマ、観に来てる方々、サービスデー料金なくてもシニア料金でいけるでぇって人がほとんど。おっさん、おばはんばっかりやんけ!、て、おまえはどやねん!ちゅう話。🤣🤣🤣

6月3日。

東京から甘い便りふたつ。頂いちゃいました。🤣1つ目の画像が白金台エリカさんのマボンヌ。高級チョコバー、てな言い方したら安もんっぽくなってまいますがこれは塊。ひとくちふたくちサイズに切って。中にくるみとマシュマロ。ありそうでない組み合わせで絶妙な口当たり、チョコが美味しいから👹に金棒で美味しく少しずつ。間違ってもかじらない。🤣🤣🤣2つ目の画像、銀座空也さんの最中。当然ですが皮はパリッ、あんこはこしあんと粒あんの間くらい、程よい甘さとはこの事。ついでに程よい大きさ。大きけりゃええってもんでもないし。驚いたのが2日目も3日目も馴染んで美味し、なってるような気がしました。普通風味が落ちるんやけどね。逆。😋😋😋美味しいの。東京甘いお便りでした。料理屋のブログに甘いもん立て続けって…どやさ!

水無月六月お朔日。

先日頂いたロールケーキ。ケーキと生クリームのバランスが絶妙で、甘すぎない。あっさり。昨今の流れとは違う昔からあるような至ってシンプルなケーキ。美味しい。一切れなんか「ペロッ」や。やめときゃいいのにもう一切れも「ペロッ」。ぼくには大変危険なロールケーキ、「キフネ・ベーカリー」さんの。こちらのパン屋さん、ずっと行きたかったのに行けず仕舞い。こちらは月曜日・火曜日・水曜日がお休み。パン屋さんの週休3日はだんだんスタンダードになってきた感あり。仕込みの都合と働き方改革かな?ちょっと羨ましい。我々のような弱小個人料理店はまだまだこうはいかない、下手すりゃ、やめはったんやな、って思われてしまう。先代なんかは経済成長の折、決められた営業時間なんてあってないような印象。お得意様に定休日にやってと頼まれりゃやってたし、店閉めてから玄関叩かれ一杯だけ飲ましてに応じてたような記憶。今とはかけ離れた時代。どちらがいいとか悪いとか、てか世の中、スタンダードの基準がいろんなとこで少しずつかわってきてます。

1 2 3 4 5 6 321

Home > 西角 ブログ

ページトップへ戻る

最新のコメント
カテゴリー
アーカイブ
Search
Feeds